コンタクトレンズ・眼鏡

眼鏡とコンタクトレンズ

コンタクト眼鏡やコンタクトレンズは身近なものですが、状態に合わせた正確な検査とそれに基づいた処方ではない場合、目の疲れや頭痛、肩こり、眼精疲労などの症状につながることがあります。また、コンタクトレンズは目の中に入れて使うものですから、手入れのちょっとした間違いが重篤な眼科疾患を起こす原因になることもよくあります。実際にお話をうかがってみると、ケア不足や間違った使い方をされているケースは珍しくありません。目の健康を守り、きれいな瞳を保っていくためには、定期的に眼科専門医を受診して検査を受け、目に負担がかかっていないかを調べることが重要です。
眼鏡やコンタクトレンズは、用途や環境、お仕事やライフスタイルに合わせたきめ細かい調整を行うことで良好な視力を実現するだけでなく、目への負担も大きく軽減できます。当院では、眼鏡やコンタクトレンズに関する幅広い知識を持った眼科専門医が丁寧に検査、処方、装用指導を行っています。また、良好な状態を保ち、リスクの高い眼科疾患につながらないようきめ細かくサポートしていますので、お気軽にご相談ください。

眼鏡処方

当院では、遠用・近用(老眼鏡)に加え、遠近両用眼鏡やプリズム眼鏡にも対応した検査が可能です。

ご注意

これまでお使いになっていた眼鏡がある場合、ご来院の際にはそれをお持ちください。
眼鏡処方は時間がかかる可能性がありますので、お渡しのご予約をいただき、後日のお渡しとなりますので、あらかじめご了承ください。

プリズム眼鏡について

レンズにプリズムが入っていることで光が屈折し、斜視の方が両目で同じ視標を見ることができるようになっています。斜視の治療に用いる眼鏡で、両眼視を確保しやすくする効果、ものが二重に見える複視を軽減する効果を見込めます。眼筋麻痺などによる大人の斜視では、複視が強く現れるケースがあり、生活に支障を生じやすくなっています。こうしたケースで、プリズム眼鏡による治療が用いられます。

コンタクトレンズ処方

当院のコンタクトレンズ処方でソフトコンタクトレンズをご希望される場合、基本的に使い捨てのディスポーザブルレンズを処方しています。また、当院では、遠近両用のコンタクトレンズも扱っています。

当院で扱っているメーカー

  • アルコン
  • クーパービジョン
  • シード
  • ジョンソン&ジョンソン
  • ボシュロム

はじめてのコンタクトレンズのために

コンタクトはじめてのコンタクトレンズでは、コンタクトレンズの装着と外す練習が必要です。ご自宅で自信をもって付け外しできるよう、ご納得いくまで練習していただけます。その時間をしっかり取れるよう、はじめてのコンタクトレンズをご希望の方には、受付時間終了の1時間前までにご来院いただくようお願いしています。
付け外しの練習以外にも、コンタクトレンズを安全に使用するためのケア方法などを丁寧に、わかりやすくお伝えしています。時間に余裕をもっておいでください。

少しでもおかしいと感じたらご来院ください

目の異常目は顔の印象を大きく左右します。また、五感の中で見ることから得る情報はけた違いに多くなっています。普段はあまり意識されないと思いますが、目の健康を保つことはクオリティ・オブ・ライフに大きく影響を与えます。特に直接、目の中に入れるコンタクトレンズには注意が必要です。
コンタクトレンズにもソフト・使い捨て・ハードなどさまざまなものがありますが、どのコンタクトレンズであっても間違った使用法やケア不足は、日々積み重なるとダメージを蓄積させます。それにより、眼科疾患のリスクを上昇させ、大幅な視力低下や失明につながる可能性もあります。特に近年、増えているのが交換時期を過ぎて使用したことで起こる目のトラブルです。コンタクトレンズは、薬事法によって高度管理医療機器(クラスⅢ)に指定されており、コンタクトレンズを使用している場合には3ヶ月に1度、必ず眼科の定期検診を受けるよう定められています。ただし、少しでもおかしいと感じることがありましたら、定期検診の時期を待たずにすぐご相談にいらしてください。

関連クリニックの紹介

アイクリニック神楽坂 アイクリニック大井町 アイクリニック千葉