眼瞼下垂

眼瞼下垂の日帰り手術

上まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂症の手術を、当院では関連施設である「アイクリニック神楽坂」で受けていただいています。炭酸ガスレーザーを用いた保険適用の手術で、日帰りで受けられます。印象を大きく左右するデリケートな手術であることから、執刀は眼瞼下垂手術経験の豊富なアイクリニック大井町院長の愛新覚羅医師、もしくは当院院長の村田医師が行っています。

眼瞼下垂症の原因

眼を開けている状態でも上まぶたが垂れ下がったままの状態になっているのが眼瞼下垂症です。原因によりいくつかの種類に分けられます。

老人性下垂

加齢によってまぶたの筋肉が衰えて発症します。

コンタクトレンズ下垂

ハードコンタクトレンズを長年使用していると発症することがあります。

先天性下垂

生まれつきまぶたの筋肉が弱いことで発症します。

他に、メイクやアトピー性皮膚炎、眼の手術後をきっかけに発症するケース、神経の病気による影響などが原因として考えられます。神経の病気が疑われる場合には、精密検査が必要です。

眼瞼下垂症の症状

  • まぶたが腫れぼったい
  • 目が細くなる
  • 上まぶたが瞳にかかって視野が狭くなる

また、まぶたを無理に持ち上げるので、額に深いシワができる、眉毛の位置が上がる、険しい表情になることもあります。見えにくくなるため、頭痛や肩こり、首の痛みなどが起こりやすくなり体調悪化にもつながる可能性もあります。

眼瞼下垂症の治療

レーザー眼瞼下垂症は筋肉の衰えなどが原因で起こることから、点眼治療などの保存的療法には効果がなく改善するためには手術が必要になります。
手術には、上まぶたの皮膚を一部切除する、あるいは、上まぶたを持ち上げる筋肉を短くするものがあります。当院の眼瞼下垂症日帰り手術では、炭酸ガスレーザーを使用することで金属メスの使用に比べ出血を大幅に減らし、すぐに止血できるようにしています。
なお、眼瞼下垂症手術は美容形成手術で用いられている手法と同じものを用いますが、当院では美容目的としての眼瞼下垂症手術を行っていません。これについてあらかじめご了承いただいてから手術を行っています。 

手術後の注意点

手術後はまぶたが腫れやすいため、一時的な腫れ、違和感、皮下出血による変色等の症状がでることがありますが、おおよそ1~3ヶ月ほどの時間がたてば自然に改善されていきます。抜糸は術後10日程度を目安に行います。 

治療費用

3割負担 1割負担
片眼の場合 約21,500円 約7,500円
両眼の場合 約43,000円 約15,000円

関連クリニックの紹介

アイクリニック神楽坂 アイクリニック大井町 アイクリニック千葉