硝子体注射

硝子体内注射(抗VEGF薬治療)とは

注射網膜に重篤な症状を起こし、深刻な視力障害が現れる原因には、VEGF(血管内皮増殖因子)というたんぱく質の働きがかかわっていることがわかっています。硝子体内注射は、VEGFの働きを抑える抗VEGF薬(抗血管新生薬)を眼球内へ注射する治療法です、これにより、血流悪化による血液成分の漏出、網膜中心にある黄斑の浮腫、もろくて質の悪い新生血管の発生や増殖などの症状の抑制効果が期待できます。
当院では抗VEGF薬治療(硝子体内注射)に信頼性の高いルセンティスやアイリーアを用いていますのでご安心ください。

抗VEGF薬治療が適応となる疾患

現在、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症(糖尿病黄斑浮腫)、網膜静脈閉塞症、強度近視(病的近視)が、抗VEGF薬治療の適応が可能として承認されています。

加齢黄斑変性症

黄斑は網膜の中心にあって、色や形など細かい識別の大半を担っている重要な部分です。注視する際に働く黄斑が機能を低下させてしまうと、深刻な視力障害につながり、明るさがわかっても文字が読めない社会的失明という状態になることもあります。欧米では中途失明原因の第1位であり、日本でも加齢黄斑変性症の患者数が増加傾向にあるため注意が必要です。日本人の場合、網膜の下にある脈絡膜に新生血管ができたことで発症するケースが多いとされています。
50歳からリスクが上昇しはじめ、発症のほとんどは高齢者です。また、喫煙がリスク要因であることもわかっています。

加齢黄斑変性症の症状

見え方の異常が起こりますが、視力低下、ものがゆがむ、視野の中心が暗くなる、視界のコントラストが低下するなど多彩な症状があります。徐々に進行していきますが、黄斑という見るために重要な場所に症状が現れるため、よく見ようと注視する部分が見えにくくなって生活やお仕事に大きな支障を生じます。細かい部分がわからなくなり、放置していると光の有無はわかっても文字が読めない社会的失明になる可能性もあります。自立した日常生活を送ることが困難にならないよう、早急に適切な治療を受ける必要があります。

加齢黄斑変性症の治療
抗VEGF療法

最も一般的に行われている治療法で、新生血管の発生や増殖を鎮静化させます。

レーザー光凝固術

新生血管をレーザーで焼灼して破壊し、血液やその成分の漏出を抑制します。

網膜静脈閉塞症

慢性腎臓病や高血圧などによる動脈硬化で網膜上の静脈が詰まり、それで血流が悪化して発症します。血栓が詰まって行き場をなくした血液やその成分が漏れ、網膜や黄斑に浮腫というむくみが起こり、視力障害につながります。血流悪化の範囲や浮腫の位置などにより症状が変わります。
日本人の発症率は50人に1人程度で、40歳を超えた頃に発症リスクが上がりはじめて加齢によって発症が増加します。

網膜静脈閉塞症の症状

血流悪化や浮腫のある場所、その範囲などにより、視力低下、ものがゆがむ、視野の一部が欠ける、モヤのように視界がかすむなどの症状が現れます。眼球内にある静脈の根本が詰まってしまうと広範囲な影響を急激に生じますので、いくつかの症状が突然現れたらできるだけ早く受診してください。

網膜静脈閉塞症の治療

慢性腎臓病や生活習慣病など、動脈硬化を起こしやすくする病気の治療も不可欠です。

自覚症状がほとんどない状態

動脈硬化を起こしやすくする病気の治療と血流改善のための内服薬を服用し、眼科で慎重に網膜の状態を経過観察していきます。

網膜や黄斑に浮腫が生じた状態

一般的には抗VEGF薬治療やレーザー光凝固術で新生血管の増殖抑制や浮腫改善を行います。レーザー光凝固術と違い、抗VEGF薬治療には網膜や黄斑にダメージを与えるリスクがなく安全性が高い治療法です。抗VEGF薬治療やレーザー光凝固術で改善されない浮腫の場合には、硝子体を除去する硝子体手術で網膜への圧力を軽減して浮腫の改善に導きます。

強度近視(病的近視)

眼鏡強度近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が伸びて網膜にピントが合わなくなって起こる強い近視です。眼軸長が伸びると網膜を含む眼底も引き伸ばされ、眼底組織にさまざまな疾患を起こします。そうした強度近視による眼底の障害がある状態は、病的近視と呼ばれます。眼軸長が伸びる原因はまだはっきりわかっていませんが、遺伝や環境などの影響が指摘されています。
強度近視は失明する可能性もある深刻な状態ですから、近視が進んで眼鏡やコンタクトレンズを変買い替える際には必ず眼科専門医で検査を受けてください。

病的近視で脈絡膜新生血管をともなった状態

強度近視は眼軸長が伸びてしまうため、眼底にある網膜や黄斑に過度の負荷をかけ続けて障害を起こし、病的近視の発症につながります。網膜の下にある脈絡膜から未熟でもろい脈絡膜新生血管が発生し、血液や成分の漏出を起こして発症します。放置していると脈絡膜新生血管は上層へと伸びていき、網膜や黄斑の浮腫、網膜剥離などを起こして重篤な視力障害につながります。

強度近視(病的近視)の症状

網膜や黄斑が障害を受けると、視力低下、ものがゆがむ、視界の中心が暗くなる、視界のコントラストが低下する、飛蚊症、光視症などの症状が現れます。飛蚊症は実際にはない小さなゴミのようなものが視界に浮かんでいるように見える症状で、光視症は実際にはない光や見える、あるいは光の点滅が見える症状です。
放置していると網膜剥離、近視性牽引性黄斑症、近視性視神経症など、見ることに深刻なダメージを与える疾患を合併する可能性があり、とても危険です。

強度近視(病的近視)の治療

障害が現れていない段階であれば、慎重な経過観察が必要です。眼底に症状が現れている場合には、状態に合わせた治療を行っていきます。脈絡膜新生血管がある場合は抗VEGF薬治療やレーザー光凝固術を行いますが、網膜や黄斑にダメージを与えるリスクがない抗VEGF薬治療の方が安全に治療を行えます。また、症状が進んで網膜剥離や近視性牽引性黄斑症を合併している場合には、剥がれた網膜の復位処置や硝子体手術が必要です。

関連クリニックの紹介

アイクリニック神楽坂 アイクリニック大井町 アイクリニック千葉